So-net無料ブログ作成

キュヒョン事故と手術と傷跡と後遺症

 bigbangのジヨンやtopたちと韓流を愛する話 

キュヒョン事故と手術と傷跡と後遺症 [super junior]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はキュヒョン事故と手術と傷跡と後遺症について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はキュヒョンの事故に関して、手術や傷跡や後遺症など様々な観点から触れていきます。

さて、まずはそもそもキュヒョンの事故に関して詳しくご存じでしょうか。このキュヒョンの手術や傷跡や後遺症の気になる大きな事故は、07年四月に起こったものです。

もうけっこう事故と手術から時間は経過いたしましたが、今でも残る大きな話題なのには訳があります。

この事故、本当にキュヒョンが生死の境をさまよったものだったのです。まずは簡単に事故のあらすじをご紹介いたしますと、その時の同じ車にはキュヒョンの他、イトゥクとシンドンとウニョクもおりました。

事故を起こしたのは運転していたマネージャーです。

みんな事故によって軽症は負ったのですが、キュヒョンだけがあまりに大きな、手術や傷跡や後遺症ものの大怪我で、事故の直後も車から二十から三十メートルも離れた地点に倒れていたそうです。

それだけでもキュヒョンが相当強く車から投げ出された事がわかります。後のメンバーのインタビューでも、この時点ですでにキュヒョンの胸の傷跡が酷かったと語られております。

何でも車内でも完全にリラックスモードで、目を閉じて曲を聴いていたという手術や傷跡や後遺症の気になるキュヒョン。ただでさえ不意打ちの事故ですが、キュヒョンは圧倒的に無防備だったのです。

キュヒョン事故と手術と傷跡と後遺症.jpg

インタビューでも事故の際、いきなり大きな音がして、一度まず気を失ったとしております。

気が付いた時には道路に横たわっており、体を動かし起き上がろうとした時に走馬燈が浮かんだそうです。

これほどの手術や傷跡や後遺症ものの大怪我でありながら体を動かそうとするとは、キュヒョンは相当のダメージだったと思います。

走馬燈が浮かぶほどの状況は、まさに死の間際のみですから。

このまま死ぬと実に確信もしたようで、ウニョクが来て手を握ってくれ、泣きながら助けを祈ると、彼も一緒に祈ってくれたそうです。

これが事故の直後なのですが、この後四日間も昏睡し、今度目を覚ますとキュヒョンは病院のベッドだったそうです。

そしてここからがこのエピソードに関わる有名な所で、事故によって肋骨が六本折れ、骨盤も負傷し、肺に骨が刺さってもいたせいで、最初キュヒョンが助かる可能性はほぼないとされました。

ただし喉を切り手術を施す事で二十パーセントの確率で助かるかもしれないと、そのような絶望的な診断を医師よりご両親他関係者に伝えられます。

そしてこの診断に対し、キュヒョンの父が猛抗議をするのです。

キュヒョンの父は、この子は歌手なので、喉を切っては唯一の希望がなくなり、生きても意味がないとまで言います。

当然のように傷跡や後遺症はどうなれ、命より大事なものはない、歌のためとはおかしいと医師たちは反対しました。
[スポンサーリンク]


しかし結果この父の反対のおかげで喉を切る手術はしない事になりました。偉い先生が他の手を考えようと言って、考えがまとまったそうです。

よって手術はしたのですが、喉は切らずに済み、その手術が上手く成功したというものすごい状況が生まれたのですね。

しかし何よりキュヒョンが泣いてしまったのは、この父の猛抗議でした。

自分が歌手をする事を反対していたはずが、これほどまでに熱く、傷跡や後遺症の気になるキュヒョンの夢を守ったのです。

これらはキュヒョンの気の失っていた間の事で、なおさらありがたさに涙する事になりました。

本当に素晴らしいですね、キュヒョンのお父様は。まあ、表では反対としておきながら、実はかなり大事に思ってくださっていたのですね。

実際、この時点でもし喉を切っていたら、助かったとしても相当の傷跡や後遺症が残る事になりました。

人体の中でも喉は非常に要所であり、一度手術などをすれば、いくら回復したとしても最も傷跡や後遺症が残りやすい部位の一つです。

同じSMエンターテインメントのアイドルですと東方神起ユノもかつて喉の手術をしていて、傷跡や後遺症が出てしまいました。

それにしても生きる事ができたとしても、歌えないのでは死んでいるも同じ、とまでの考えとは、ものすごいですよね。

確かにキュヒョンは精鋭の多いsjの中でも特に歌の上手いメンバーの一人でもありますし、この素晴らしい歌声を守る気持ちは同感ですが。

親とは素晴らしいものだとこの事故手術エピソードで改めて思わされますね。この事故手術の後、キュヒョンは五カ月もの間休養と取っています。

キュヒョン事故手術と傷跡と後遺症.jpg

七月に退院しまして、カムバックは九月でしたね。

結論から言えば傷跡や後遺症は、現在ではほぼ残っていないと言っていいようです。

確かに見ていても傷跡や後遺症が目立つ場面はありませんし、あればそこが傷跡や後遺症の話題にもなるでしょうね。

これも全て、この事故手術の際に喉に手を付けなかったおかげです。

仮に手術で喉を切っていたら、傷跡や後遺症として喉の話が、活動ができていたとしても残っていましたし、傷跡や後遺症を気にして思い切り歌えなくなっておりました。

インタビューでは、特に自分の夢を助けてくれた父親と、事故の時最初に駆けつけてくれたウニョクにお礼が言いたいとしております。

この事故、発端となるマネージャーがミスをしなければ、と悔やまれもしますが、もはや起こってしまった事は取り返しがつかないのでしかたがないですね。

以上のように、傷跡や後遺症はそこまで残らなかったとしても、キュヒョンは重症でしたが、他の三名に大きな傷跡や後遺症の出るような怪我がなくて良かったですよね。

考えたくはないですが、この時もし仮に同じ車のメンバー全員が大きな傷跡や後遺症の残る手術をする羽目になったり、最悪の場合、命の危険があったとしたら。

インタビューでキュヒョンも熱く語っておりますが、こうして当たり前のように活動できている事、生きていられる事に本当に感謝ですね。

この事故の手術話は、別にキュヒョンたちだけの問題でもありません。我々にも大きく当てはまる事です。普通に普段している事が、このような手術ものの事故などがあれば、一気にできなくなる事もあるのです。

命が助かったとしても傷跡や後遺症が残り、人生全てに大きな影響が出る事もあります。

生きていられる事にまずは感謝したいですし、とてもこのキュヒョンの傷跡や後遺症の気になる事故手術エピソードを知れば贅沢は言えなくなりますよね。

さて、以上が有名な事故と手術のお話なのですが、改めて、この時の傷跡や後遺症は本当にないのでしょうか。

そういえば最初のカムバック時、内容はDon't Donのステージだったのですが、さすがに事故の手術の後だったというのもあるのはわかりますが、彼のソロ部分だけ出てきており、キュヒョンの扱いにかなり慎重なのが見て取れました。

キュヒョン事故手術と傷跡と後遺症.jpg

あまりペンを心配させ過ぎてもいけないのもあると思うので、もしかしたら我々の想像できないような傷跡や後遺症があった可能性はありますよね。

現状を見れば仮に我々の知らないような事故の手術、傷跡や後遺症があったとしても、元気に活動ができているようには見えるのでいいのですが。

やはり書いたように相当の事故の手術だったので、傷跡や後遺症は心配になってしまいます。

一般的にもこのような大きな事故や手術をすれば、傷跡や後遺症があるのは普通です。むしろすっかりない、というのもすごいです。

いずれにしても繰り返すようですが喉が守られたのは非常に良かったです。

仮にあの手術の後にどのような傷跡や後遺症があろうとも、ペンとしてはどこまでも彼を支えていきたいです。

さて、本日はキュヒョン事故と手術と傷跡と後遺症について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。