So-net無料ブログ作成

bigbang g dragonジヨンの性行為!?

 bigbangのジヨンやtopたちと韓流を愛する話 

bigbang g dragonジヨンの性行為!? [g-dragon]

こんにちは、bigbangと東方神起を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はbigbang g dragonジヨンの性行為!?について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はg dragonジヨンと性行為に関わる話題です。別に性行為がそのままの意味でg dragonジヨンと関わるわけではありません。

ただ、g dragonジヨンを調べれば必ず出てくるこのワード。一体なぜここまで性行為というワードがg dragonジヨンにつきまとうのでしょうか。

ご存知の方も多いでしょうが、最も大きい原因は、あるライブパフォーマンスでの事です。

すぐに動画を観る事もできますのでご覧になればおわかりかと思いますが、具体的に言えばg dragonジヨンが、Breatheの曲で、ベットのセットに女性と一緒で、明らかに性行為を連想させるパフォーマンスを行った、というものです。

これは十八禁とされるカテゴリーになります。ちなみにg dragonジヨンも活動する事務所YGの方向性としては、SM等よりはこういうものを打ち出す傾向が強いのはわかっております。

しかし、この性行為騒動、問題はそこではありませんでした。

bigbang g dragonジヨンの性行為.jpg

入場制限ものである性行為のようなものなのに、年齢制限は十八歳未満でもOKという事になっていて、実際その場には若い方も多かったようです。

結果的にこの性行為のようなパフォーマンスをしてしまった事で、大丈夫だったのですが青少年保護法の関係で捜査が入り、訴えられそうになりました。

この件のせいでg dragonジヨンと言えば性行為パフォーマンスをした人物、という関連性が生まれてしまったわけですね。

リアルタイムでこの性行為パフォーマンスを観た方は、内心大丈夫なのかとやはり思っていたようで、この検察の捜査などの話になった時、納得した方も多かったようです。

ちなみにShe's GONEなど、この時になる前にすでに残酷な描写で法律違反になっていた曲もありました。

事は性行為を連想させた、という事態で騒ぎになっておりますが、元々g dragonジヨンの方向性としては一貫してこのようなものも見せてきていて、その時にはじまったものでもなかったわけですね。
[スポンサーリンク]


それをわかっている元々のファンからすればすんなり観ていた方も多く、このようなパフォーマンスも結局はファンを喜ばせるための演出であって、これにいちいちとやかく言うのもいけない、という意見もあります。

この時会場にいた方も、純粋に楽しんでもいたのです。確かに性行為を思わせるものを導入している、という負荷はありますが、このパフォーマンス騒動、一つの大きな論争テーマを生み出しもしています。

それが、アーティストの自由な表現活動は妨害されるべきではない、というテーマですね。

つまり、ここでg dragonジヨンは吊るし上げられるように騒動になってしまっておりますが、一つの芸術のあり方の範疇とする考えもあるので、いちいち邪魔してもいけないという、ただし、確かに性行為はあまり表に出すべき事ではないので、取り締まるのもしかたない、という、板ばさみの不毛な論争のテーマになってしまっているのですね。

これはどちらを取るか、半分半分でしょうね。

ファンからすれば、g dragonジヨンだからできる彼だけの世界の邪魔をしてはいけない、と考えるでしょう。

個人的にはどちらとも言えませんね。確かにアーティストの芸術とも言えますし、でも性行為を出したのはまずいとも思いますし。

まあ今となっては今更で、別にg dragonジヨンの表現にはこのようなものもあり、という流れになっておりますが。

bigbang g dragonジヨン性行為.jpg

結論を言えば、g dragonジヨンは一人のアーティストなので、きちんとルールを守って閲覧制限などを設ける範囲では、この通りファンは喜んでいるわけなので、いくら性行為を連想させようが、それはありだと思いますね。

まあどうしても彼、他の事件になった事もあったので、この性行為を使った事から、大げさに世間に捉えられすぎているのもあるのですが。

その事件とは、彼にとって恐らく最も大きな事件、日本で大麻を使用して捕まったあれですね。

確かにあれはまずかったですね。あの時は、たったの数回程度では出ないであろう毛髪の検査でも出ていますし、しかも知らずに少し一回やってしまっただけ、という話がそのまま通り、不起訴になったというものでした。

g dragonジヨンを守りたい我々からすればこれでよかったわけですが、本当に様々噂されましたね。

どうしても、性行為パフォーマンスでも、彼にはやはり常にステージに立ってほしいです。よってここで起訴されなかったのは良かった事とファンからすれば思います。

しかし、何も知らない人からすればまたやったのかと、また、と犯罪のにおいがついてしまった感はあるのです。

しかもこれは演出にすぎないのですが、彼らの方向性が性行為のようなイメージなどは普通に出す売り方です。
[スポンサーリンク]


なおさら認めない、という方も増えるわけですね。

そのような性行為パフォーマンスでさらに火のついたg dragonジヨンのアンチの意見として、彼は日本が好きではないという根も葉もない噂を広げようとする方もおります。

そのような行為はやめていただきたいですね。でも、お気持ちもわかりますが。

ただ、その点に関してはg dragonジヨンは日本に対して悪いイメージはないと思います。

g dragonジヨンご自信のプレイヤーにも日本の曲がたくさんあったり、日本語の歌詞なども書き、頑張って日本語を学ぶ姿も見られております。

さすがにただ嫌いなだけでここまで活動はしないと思います。

確かに日本に来れば稼げる、というのはあると思いますが、それは自分たちが好きで買っているのですから、g dragonジヨンたちは何も悪くありません。

むしりそれだけ稼げるほど価値があるのも間違いないのです。

確かに性行為はまずかったかもしれません。しかし、彼らにはかなりの価値がありますよね。

揚げ足だけ取っている僻みのような、そんなアンチな意見にただ振り回されるのもいけません。

今回の性行為のパフォーマンスが、なぜg dragonジヨンはやっても許されるか、と言えば、彼にはきちんとしたキャリアがあるからです。

ファッションなどの面でも誰よりも世の中をリードしている事からもわかる通り、g dragonジヨンは本当に型にはまらない真の芸術家気質、才能を持っております。

それが小さい国がどうとか、そのような事にいちいちこだわるはずもありません。

bigbang g dragonジヨンと性行為.jpg

そんな芸術センスの一部としての性行為のイメージ、それは、g dragonジヨンならばやる権利があります。この件で捕まらなかったのも、その世の中の雰囲気などもあるからでしょう。

それに、そもそもここでこの程度の性行為イメージのパフォーマンスを取り締まるなら、もっと逮捕すべき人物はたくさんいるでしょう。

そのような意味でも矛盾しますからね。いくら捕まえるにしても、さすがに見せしめの意味が強すぎて、他にもあるのにg dragonジヨンだけやられてしまっては、それこそファンとしては黙っていられませんね。

まあまた最後に今回の話題の中心、そのBreatheの表現について戻りましょう。確かにあからさまにベット、そして女性に覆いかぶさるなど、確かに性行為でしかありません。

しかし、そもそも性行為とは重要なもので、おふざけでも何でもない大事なものですよね。

芸術家として、g dragonジヨンは絶対にそういった事も見据え、この性行為パフォーマンスにも全力で力を注いだはずなのです。

さて、本日はbigbang g dragonジヨンの性行為!?について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。