So-net無料ブログ作成

カテゴリー:KARA

kara解散の真相! [KARA]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はkara解散の真相!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

Karaと言いますとK-POPアーティストの中でも、特に女性グループとしては筆頭となって人気でしたね。

しかしながら16年の一月十五日をもって、karaは解散する事になりました。

表向きの報道では、kara解散の真相は三人(ギュリ、スンヨン、ハラ)のメンバーの専属契約が終わり、ホ・ヨンジしか残らないための実質的な解散、という事になっております。

しかしです、よくよく考えてみますと、別に真相として事務所の契約期間が過ぎたからといって、完全にメンバーが分裂する事はないではないですか、とも思ってしまいます。

これを機にと言わんばかりに、真相としてあっさりとバラバラに活動する事になったkara。

ここには、何か真相が隠されているのでしょうか。

事実をもとに真相を分析していきましょう。

karaは07年の三月に韓国デビューしたのがはじまりです。そこからkara全体の歴史を振り返りますと、真相としてまずはある問題が目に付きます。

それが、karaメンバーがあまりに脱退、加入を繰り返している事です。

もともとはギュリ、スンヨン、ヨンヒ、ニコルの四名による活動でスタートしたkara。

しかし、たったの約一年、08年の二月の終わり頃にヨンヒがいきなり脱退する事になります。

kara解散の真相.jpg

さすがにまだ一年しか経過していないわけで、真相は厳密には一年ももっておりません。

この分裂はまだ彼女一名だけだったので解散うんぬんにまでは話題になりませんでしたが、さすがに早いだろうと思ってしまった方は多いでしょうね。

確かに韓国のアイドル界、芸能界は日本以上にシビアで、流行の移り変わりが早いです。

若い子、儲かりそう、という方向へ動くのがすごく早くて上手なのです。これが経済成長やそもそもK-POPの成功要因でもあるのですが、karaのヨンヒの真相も同じだったのでしょうか。

まあ日本のアイドルなどでも、必ず何名かは解散までいかないまでも脱退しますから、この真相はそこまで驚くべき事ではないのかもしれませんが、ただ一つ言えますのは、

けっこういきなりの一人解散だったので、何かkara内部でもめ事があったりした可能性はあるという事です。このために早期からkaraの真相は不仲、といった話題も出ておりますね。
[スポンサーリンク]


また、たった一人がやめただけなので解散にまではならないとしましても、何となく雰囲気は脱退した方がいるグループ、というものにはなり、

真相としてkara内部の士気にも多少の影響はあると思うのです。

さて、しかしkara、ここで解散などの風にも負けず、同年七月に新メンバーを補充します。それがハラとジヨンですね。

解散した真相の気になるkaraですが、真相として一気に有名になったのはこの五人体制になってからの、09年くらいからです。

K-POPに疎い方でも、解散したkara のMr.やJumpingといった曲は聴いた事があるかもしれません。

さて、これで売れましたし順風満帆なkaraのはじまりかと世間も思っていたのですが、この後も解散の真相まで、脱退は続きます。

14年の一月にニコルが脱退、そして四月には契約期間の満了に伴ってジヨンも脱退しました。

そしてその後の最後の加入者が、今回最後に残ったkaraメンバーというヨンジだったのです。

kara解散真相.jpg

これがkara最後の四人体制ですね。

そして至る事16年の一月にギュリ、スンヨン、ハラが契約期間終了で、解散となったのです。

いかがでしょうか。ここで言えますのは、真相として裏でどのような事情があったにしても、

あまりに解散までに脱退者が多く、グループの編成をし過ぎという点から、安定感がなくずっとグラグラしていたような印象があるという点です。

このように相次いでメンバーが抜けていったkara、その裏には何があったのでしょうか。

ちなみにギュリは解散という事は否定し、同じ事務所ではないためにバラバラになる、一人になっても頑張ると語っており、

そういった本人たちの声もあるので、今でもkaraは真相として解散はしていない、といった声も多いです。

しかしながら、karaとして活動していないのであれば解散となってしまうと思えますが。

よく調べまして出てきます、kara解散の真相としての噂は、不仲のために分裂、金銭面のトラブルがあった、メンバー間の方向性の違いが大きくなった、などが主なもの。
[スポンサーリンク]


個人的にはまず不仲説について軸に考えますと、真相が見えてくるような気がします。

今のところはっきりとした不仲の証拠はないのではっきり解散の真相と決めつけるのは難しいですが、上記のメンバーの移り変わりを考えますと、人間関係は一番に睨んでいいです。

人間関係の悪化で辞めたとなりますと、双方にとってイメージが悪すぎます。そこで、それを報道の上で上手く「ドラブルによって辞めたわけではない」事を言うのは常套手段。

それが方向性の違いなどに置き換えられている点はあるかもしれません。

そして、karaメンバーの方向性の違いは、例えば先ほどのギュリであれば歌手ではなく女優の方に行きたがっておりましたし、ジヨンも留学や役者の夢を語っておりました。

活動しながら余計に思いますのは、好きなようにしたい、というもの。

つまり脱退したメンバーが違う方向に行きたかったという事実は一応あったりするのですが、ここで一つ思いますのが、

あくまでグループ活動で売れた結果自由な事ができるようになっただけなのに、勝手に辞めようとするのはあまりイメージが良くない、という事です。

もちろんそれはご本人たちが最もよくわかっている事でしょう。

そこで真相としては、そのような好き勝手やりたい、という想いは誰しも持っているとしても、そもそもそこにいたくない、つまり不仲はあったのではないか、と睨んでしまうのです。

kara解散と真相.jpg

そして金銭面の問題ですが、これに関しては例えば東方神起の解散時の事務所との揉め事もそうでしたが、より稼げる方向に行きたいと思ってしまうのも当然と言えばそうですし、

実際に事務所は割合としてかなり多めに利益を持っていきます。

当然個人的な活動にするほどお得なのです。

よって、解散の真相かはともかく、結果個人活動によって収益は増える可能性が高いのです。

しかしながら、真の意味でグループメンバーが好きで、そのペンを愛していれば、いくらやりたい事があってもそう簡単に抜けていく事もないでしょう。

そう思いますと、仕事や恋愛も一緒ですが、やはり一緒にいたくない、という想いもあったのではないか、と思ってしまいます。

何にしてもkaraの解散の真相は謎が多すぎます。どんなに調べましてもはっきりとした所は見えてきません。

しかしだからこそ、イメージの悪い不仲などによる解散の真相を隠しているのではないか、と余計に疑ってしまうのですね。

何にしましても、解散の真相の気になりますkaraは有名ですので、何かと新しい話題も出るかもしれません。よく目を光らせておきましょう。

さて、本日はkara解散の真相!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]


タグ:解散 真相 Kara