So-net無料ブログ作成

bigbangと大麻!韓国の反応 [bigbang]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はbigbangと大麻!韓国の反応について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は話題のタプの大麻の件について、日本でもこれだけ騒がれているのですが、韓国の反応はどうだったのかなど、いろいろと考察していこうと思っております。

Bigbangと大麻と聞きますと、前のジヨンの一件の反応も思い出される所ですが、まさかさらに他のメンバーも大麻の事で話題になるとは思いませんでした。

それも、ジヨンの場合は信憑性はあるものの事実が不透明な部分もあったのですが、タプの場合はご本人もはっきりと認めているあからさまな事実。

これを受け、韓国も含め世界中の多くのペンが動揺しております。

芸能人が大麻をしていないかは常に警戒されている事なのですが、韓国においてタプは、16年の十月九日から十四日の間にソウルの自宅にて、知人の女性と四度大麻を使用したと疑われておりました。

つまりはっきりはしなかったものの、早期からタプへの大麻の疑いはあったのかもしれませんね。

bigbangと大麻と韓国の反応.jpg

そして17年の五月の終わり、六月の初め頃になって毛髪から確かな陽性の反応。つまりは少なくとも直前までに再び大麻を使用していた可能性も高いです。

事実が発覚したのが16年の十月ですから、その前からだとしますと、一体どれほど使っていたのか想像はできませんが。

ちなみに大麻には潜伏期間が存在し、使用した量やその方の体質などにもよりますが、だいたい四十八時間~七十二時間ほどが相場で、長い方ですと十二週間ほど抜けない方も。

憶測だけで語るのも問題ですが、タプの場合も我々が想像したくないほどに何度も使用していた可能性も充分にあるのです。

さて、韓国の反応としても最も大きな軸になっているのは、報道からも気になる所ですが、このタプと大麻を使用したとする「知人女性」の存在。

この女性は韓国アイドルのハン・ソヒ。

韓国アイドルとは言いましてもまだデビュー前であり、しかしながら12年から13年の頃の韓国のオーディション番組に出た事で、デビューまでは行かなかったのですがその存在は知られておりました。

多くの事務所からオファーもあり、練習生になった所だったそうです。

しかしながら、今のところの見解としましては、歌手になる夢が叶わず、ストレスで大麻を使用していたとされております。どうやら彼女の場合は三月からすでに拘束されておりました。
[スポンサーリンク]


このアイドルハン・ソヒ、韓国の反応としてもかなり叩かれております。

結果それを受けて日本の反応としても同じような形にはなるのですが、さすがは本国である韓国、その反応の早さ、露骨さはすごく、核心をついております。

タプが大物ですからニュースでも非常に大きな問題になってしまうのですが、どう考えましても確かにこのハン・ソヒ、怪しいのです。

韓国の反応では、bigbangに解散してほしいとか、YGの教育はおかしいとか、ずっとペンだったのにひどいとか、bigbangみんなでこの女を相手にしていたのではとか、

タプやメンバーや事務所を批判する声も確かに多数ございます。

しかし圧倒的に多い反応は、このハン・ソヒの事。

多くの場合、彼女が持ち掛け大麻を使用したのでは、という見解があるようです。

彼女に対しての韓国の反応は、炎上商法かとか、ファンだったのにとか、この女が常習犯らしいから誘ったのだとか、ハン・ソヒ主体での犯行という見方がよく見えます。

確かに、彼女はすでに大麻の使用で目をつけられていたわけですから、急に今までそうではなかったタプに大麻の容疑がかかるという事は、疑ってしまいます。

そしてこのハン・ソヒの批判されぶりは、単に韓国でのタプ擁護派の力だったり、単なるアンチによるものだったりするわけではなく、ある根拠がございます。

それが、恐らく彼女のものと思われますSNSのアカウントにて、bigbangのペンに対する非常に腹立たしい投稿があったというものです。

bigbang大麻と韓国の反応.jpg

それが、クソ女どもとペンを揶揄し、自分はお前たちのお兄さんたちとかなり抱きしめられキスもしたと、そしてお前たちはできないだろうと、訳しますとそのような乱暴な内容でした。

はっきりと彼女の投稿だと判明していない部分もあるようですが、これが事実だとしますと、韓国の怒りの反応はごもっともです。

というか我々の反応としても決して放ってはおけない方ですね。

韓国にて彼女はもともと「純粋無垢、穏やか」のようなイメージで売っていく雰囲気でした。だからこそ、余計にこの大麻の事と合わせ、失望や怒りの反応が増えているのです。

この彼女の投稿にありますお兄さん「たち」の意味も怖いですし、ただでさえタプと一緒にいただけでもスキャンダルだと言いますのに、問題が感じられすぎます。

しかも摘発したのが他ならぬ彼女自身との見方もありますから、どちらも大麻をやったのは事実としても、その点韓国の反応通りとばっちりなのかもしれません。

もちろん韓国の反応としてもありますが、逆にタプの方が練習生を相手に大麻を教えた可能性も全くのゼロではありません。あなたはこのドロドロの状態をどのように見ますか。

一応救いなのが、このタプの大麻の発覚と同時期にやはり他のメンバー、ジヨン、ヨンベ、テソン、スンリも大麻を調査されており、四人とも異常が無かった事です。

このタイミングで例えばまたジヨンから大麻陽性の反応が出たり、最悪他のメンバーみんなでこっそり大麻を使用していた事がわかったりしていれば、
[スポンサーリンク]


韓国の反応としてもさらに本当にひどい状況になりました。

ただでさえ現状もそうですが、韓国の反応としても、今までのbigbangの事件絡みで話題になったものを総ざらいしている状況なのです。

ここで韓国の反応のようにとうとう解散、でも全くおかしくないですよね。

今までも活動の謹慎などもして、解散の危機話題も何度かございました。

せっかくタプが兵役に行くまでもったと思った所にこれですから、しかもタプは今までのビックバンの問題の中でも、特に何も問題がなかった一人です。

他のメンバーですと、ジヨンは大麻の疑いがありましたし、テソンは交通事故、スンリも女性関係のスキャンダルなど、いろいろとありました。

またしてもビックバンの問題、と言われてもしかたがないですね。

今回は韓国の反応を軸にこの大麻の一件を分析しておりますが、少なからずタプ、さらには一緒だった彼女の方を擁護する意見もございます。

大麻は事実ですから、それを肯定する事はできません。実はやっていないのでは、といった話題も無い現実的な問題です。

しかしながら、真摯に反省し、また戻ってきてほしい、といった反応も、韓国でも日本でも、世界中であります。

別にペンでも何でもない方からしますと、韓国の反応でも「甘すぎる」と強い文句も出ておりますが、確かにお気持ちはわかります。

そもそも、大麻は人体にかなり有害です。白血球が減ったり免疫力が落ちる事などいろいろと問題はございますが、何より喉、気管支等も悪くします。

bigbangと大麻と韓国反応.jpg

タプもプロの歌手ですから、このあたりはきちんとケアすべきです。

そしてご存じ、精神的な病に陥る可能性もあり、ペンとしては心配も大きいです。

実際このように大麻は事実で、韓国の反応もどれも妥当です。もしタプが抜ければビックバンでは無くなる気がしますし、反応通り解散もあり得ない事ではないです。

これからさらにこの自体がどのように動いていくかは、よく注意して見るべきですね。次々と情報が交錯しておりますから、よく追っていきましょう。

また、数千数万回と反省、後悔しているといった謝罪の文章が話題になっておりました。

人によってはもはや何を言ってもダメ、という方もおられるでしょうし、この謝罪文についても言い方が軽いとか、韓国の反応などでもいろいろと批判もされております。

怒りがわいている方が韓国の反応でも目立つようですが、静かに悲しみにくれている方もおられるでしょう。どのように感じられるかはそれぞれで、答えも出ない状況です。

ひとまずはこの動向、見届けるしかありません。

さて、本日はbigbangと大麻!韓国の反応について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]