So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨン様の今!現在! [ヨン様]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はヨン様の今!現在!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は韓流ブームの火付け役とも言えますヨン様の今、現在について迫っていきたいと思います。

ヨン様と言えば2000年代に有名韓流ドラマ、「冬のソナタ」で一役有名人になりまして、現在でもみんながヨン様、ヨン様と言っていたのを思い出すほどに人気者でしたね。

テレビでも多くの方があのヨン様ポーズや恰好を真似しまして、今、現在でも最も誰にでも有名な韓流スターと言っても過言ではないかと思います。

そして、考えてみますとあの時のヨン様の大人気がなければ、今、現在の東方神起やビックバンなどの世の中への浸透もなかったかもしれませんので、今、現在も非常に尊敬、感謝が絶えません。

さて、しかしながら、あの時の大人気だったヨン様の今、現在を調べてみますと、よく出てきますのがどうも全盛期の時と比べますと危機的な状態に陥っているとの噂。これは気になりますね。

少し思い当たる節があるとしますと、今、現在ではヨン様の名前もそうですが、

そもそも日本での韓流ブーム自体が最盛期の時と比べますと、メディアなどの露出もかなり控えめになってしまった事ですね。

それ自体がいいかどうかはともかく、宣伝もなければ徐々に関心は薄れるものです。

最も、だからと言って変わらず今、現在もヨン様のペンという方もおられるのですが。だからこそ疑問です。

ちなみに、韓流があまり日本で表立たないようになったのは、それ自体には別にヨン様たち韓流の人気が落ちたというわけではなく、竹島の問題などもあり、

だいたい12年頃から韓流が目立つのを日本がストップさせたため、というのはあるのですが。

ヨン様現在.jpg

さて、一体ヨン様の危機とはどのような事なのでしょうか。

今、現在ヨン様が下火になったという話題の証拠として挙げられる一件に、例えば16年八月に空港で彼の帰国を見送りに来たペンの人数に関する話題がございました。

さっそく結論から言いますと、最盛期には三千名は集まったとされます集合人数が、今、現在にはわずかの十五名だったと言う話題だったのです。

確かにこれが事実だとすれば、如実に今、現在のペン数が減っているように取れます。

ここまではっきりと話題になっている以上信憑性も高い話題ですが、何にしてもこの落差は、リアルな数字になっているだけにインパクトがあります。

ちなみに、もとヨン様のペンだった方のインタビューで、去年までは日本に来られるたびにヨン様のために五十名ほどは来ていたのが、

それ自体も少ないですが、さらに今、現在は減ってきていると語られてもいたらしいですね。

確かに全盛期の頃よりも今、現在までにかなりの時間が経過してしまっているのはありますので、誰であれ人気が落ちるのは仕方がない気もしますが、

それにしてもこの今、現在の事実が本当だとして、一体なぜそこまで、あれだけトップスターとして人気者だったヨン様の支持が落ちてしまったのでしょうか。

この噂からなぜヨン様の今、現在の人気が低迷したのかを分析しますと、この十五名しかペンが集まらなかったという彼の帰国時、一緒に奥さんがいた、という点は重要なように思います。

先ほどと同じインタビューでも、結婚、妊娠などの報道が次々出て、軒並みペンの数が減っていったと語られていたらしいです。

確かに、今、現在ヨン様は結婚して子供もおられます。こうなればどうしても、特に異性のペンが少し離れてしまうのはわかりますね。

我々に置き換えてみましても、いくら憧れだったり好感を抱いている方がおられましても、既婚の方と未婚の方では全く違ってきます。
[スポンサーリンク]


今、現在のこの結婚の相手は女優のパクスジンです。彼女はSugarのメンバーとして02年から06年に解散するまで活動しておりまして、07年から女優として活動しております。

なぜこの二人が今、現在結婚しているかと言いますと、もともと知人同士で、15年七月に結婚するまで、わずか三カ月間の交際期間という驚きのスピード婚となっておりました。

このヨン様の今、現在の結婚事実も人気に大きな影響を与えている気がしますが、このスピード婚までの動きもペンを驚かせた面もあったようです。

まずそもそもスピード婚ですと、どちらかと言いますと交際期間が長いよりはどこか印象が悪くなると言いますか、

とは言え、それはよく芸能人にあります、即結婚、即破局ですぐにまた新恋人、といったとっかえひっかえなイメージなどもあるためで、

今、現在でも幸せな家庭を営むヨン様にしてみますと、そのような事もありません。

その点結果論から言いますと、そこまで悪い事もないですよね。

ただし、このスピード婚、もう少し裏がありまして、この今、現在の結婚になる直前まで、彼はあのLG財閥の令嬢と13年から付き合ってきていたのです。

そして、要するに別れたばかりにまた交際、結婚という事で。むしろその流れの方がペンを驚かせたかもしれません。

もちろんペンも、好きでも手が届かない、だからこそ余計に好き、という立場はわかっておりますので、むしろヨン様のすごい方との交際は応援もしたくなるものです。

それでも、さすがにこういった急展開にはついていけない気持ちにもなるでしょう。

とは言え、逆に考えますと、ずっと交際してきたのにそれがダメになった後でのスピード婚、ヨン様もいろいろあって大変だったと同情もできます。

よって、単純に結婚事実によって少し人気が落ちたとは言いましても、今、現在からしますとしかたがない当たり前の事、といった所でしょうか。

ヨン様の今.jpg

さて、ではここまでこの今、現在までの結婚関係の話題としましては、ヨン様の視点から見ましたが、今度はお相手のパクスジンから見てみましょう。

実はヨン様から見ましてもスピード婚の裏がありましたが、パクスジンにもあるエピソードがございました。

それが、ヨン様の弟分とも言われます、同じ事務所の俳優の方との交際です。

こちらも噂の側面もございますので、今、現在も簡単に鵜呑みにはできない話題ですが、そうは言いましても火のない所に何とやらで、

もし事実だとしますと、ドロドロしたものを感じてもしまう結婚話題という事にもなりますね。

確かに今、現在でもよく語られるほどに、話題性としましては面白いものなのかもしれませんが、これがペンからの人気の観点から見ますと、やや印象が悪くなるのも否めません。

ちなみに子供が誕生したのが16年の十月です。これもこの結婚話題からの人気の低迷に拍車をかけたのでしょうか。

さて、ここまでにヨン様の危機の噂に関しまして、人気の低迷の原因を、可能性として結婚話題に焦点を当てて見てきましたが、そうは言いましても、このような波乱な中を生きてきた彼、

ひとまず生活は安泰という事実はございまして、そういった「危機」はないようです。

危機という事ですので、例えば人気が落ちてしまって大変な生活をされているとか、借金があるとか、そういった可能性も想像できる所ですが、

実際には今、現在、むしろ彼はあの全盛期の頃よりも成功者として安泰な生活をおくっております。

今、現在までのここまでのお話も全て噂の側面がございますので鵜呑みにしてはいけませんが、ひとまず安心といった所ですね。

彼は今、現在、俳優からさらに手を広げ、経営者になっております。これが芸能事務所キーイーストで、キムスヒョンやキムヒョンジュンなども所属しております。

あの東方神起などのSMとも業務提携を約束したほどの大きな会社にまで成長しており、日本にも08年には支社を設置していて、手広く活動しているようですね。

一気にブレイクされた方は、その後同じようにお金を稼いで生きて行けるか二分される所かと思いますが、ヨン様は見事に今、現在のような成功をものにしたのです。頑張ったと思います。
[スポンサーリンク]


もちろんここに繋がりましたのは、資金を全盛期の頃に稼げたというのが大きいですが。一つの目安としましては、例えば05年の時点では四十三億円ものお金を持っておられました。

しかもそのうちの九割は日本からのお金だったそうで。冬のソナタだけでも関連した総収入は三年で八十六億六千万だったという話も残っていて、それならば会社を起こせます。

今、現在の資産としましては、百二十四億はあるそうです。

噂ではビジネスを始めてから詐欺事件で告訴されているなどの話題もあるようなのですが、何にしてもアクティブな起業家となったヨン様。

彼は今、現在の、単純に俳優としての人気は確かに落ちたのかもしれませんが、それは書いてきました通り、

普通に考えて時間も経過しておりますし、結婚もされましたし、自然な流れで、むしろ人生の方は上手く設計し、特に取り立てて危機というものはないようです。

今、現在のビジネス生活を考えますと、時間的にも労力的にも、俳優活動など普通の芸能活動に割けないでしょうから、

今の所、別に今、現在までに何か問題があったというわけでもなく、なるべくしてなった状況のようですね。

ヨン様はかつて96年の時の初恋というドラマで、韓国で六十五・八%もの最高視聴率を記録しているほどの人物で、そういった伝説の人物であるという側面も変わりません。

そう考えますと上手く第一線から退いたベテランという所で、かえって箔がついてビジネスも展開しやすかったでしょうし、良かったですよね。

ヨン様今.jpg

ヨン様のスピード婚も、ここまで身が固まっているからこその決断だったのかもしれません。逆にまだまだ役者の活動をするのであれば、無理に結婚はしなくていいですしね。

結果として単純に世間の人気が低迷するのはしかたがないです。それでも、こうしてきちんと将来に向けて活動しているのは、むしろ危機どころか賢明で正しいでしょう。

仮に、いくらヨン様であってもずっと同じように役者を続けられて、同じような人気を維持できるとは考えにくいです。どんどんと強力な若手も出てくるわけですし。

つまりはそこまでわかっていて、今、現在の役者たち、芸能界に未来を託したのかもしれませんね。

考えてみますと自身も芸能事務所を経営しております。結局は今、現在も業界を愛するがゆえの決断だったのかもしれません。

そう考えますと、かえってカッコいいヨン様。

今、現在でもヨン様という言葉も健在で、たくさんの方が調べられております。今、現在からこの先の彼の人生も、どのようになっていくのか、今後もヨン様から目が離せませんね。

さて、本日はヨン様の今!現在!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]


タグ: 現在 ヨン様

共通テーマ:芸能