So-net無料ブログ作成

bigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日!

 bigbangのジヨンやtopたちと韓流を愛する話 

bigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日! [bigbang]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はbigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はbigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日の事です。

ここではそれぞれbigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日はいつだと書くだけでは他で調べればいいだけなので、

せっかくですのでbigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日の事を軸に、それぞれについて振り返っていく場にさせていただきたいと思います。

さて、ではまず先にジヨンやtopたちメンバーの誕生日をご紹介いたしますと、

ジヨンは88年8月18日、 ヨンベは88年 5月18日、 タプは1987年11月4日、スンリは1990年 12月12日、テソンは1989年4月26日です。

ペンとしてはジヨンやtopたちメンバーの誕生日はそれぞれお祝いしたい所ですが、こうして並べてジヨンやtopたちメンバーの誕生日を確認してみますと、

上手い形にまんべんなく配置されている事がわかり、常に誰かの記念が回ってくるようですごくいいですね。

人の人生の中では、毎年来る記念としてはやはりバースデーが最も記念になると言えますから、ぜひジヨンやtopたちメンバーの誕生日も一緒に祝っていきましょう。

ジヨンやtopたちメンバーの誕生日になった時には、彼ら自身のインスタなどを見ても賑わっているのが確認できて、こちらも楽しくなってきます。

bigbangのジヨンやtopたちメンバー誕生日.jpg

特に一番嬉しいと感じるのは、彼らがお互いに兄さんおめでとう、弟へおめでとうと、自分の事のように喜んで祝い合っているのを見た時です。

もちろん当事者として関わりたいという妄想もありますが、客観的に見て彼ら一つの家族のような関係がより親密になっていくのを見ているのもいいものです。

ジヨンやtopたちメンバーの誕生日を思うと、本当にいろいろな事を彼らは乗り越えてきたなと実感いたします。もちろん自分自身の年齢がまた一つ進んだ実感もするわけなのですが。

思えばビックバンはもともとヤン社長がアイドルの常識を壊そうと、新しい発想で作ったチームで、やはり当初の頃はかっこよくないなどと言われたりして、大変な事もあったと思います。

確かに普通にアイドルを作ると考えますと、単に見た目が典型的なイケメン、というようなホスト集団を作ればそれである程度成り立つと思えますが、

彼らは何よりもアーティストとして実力を重視してしっかりと考えられて作られたチームでした。

結果この通り、今の今でもジヨンやtopたちメンバーの誕生日が祝われるほどに人気を伸ばして活動が続けられたわけですが、

このスタートを決めたヤン社長他スタッフ陣も、もちろん一番は活動を頑張った彼らも、本当にすごい快挙を残しましたよね。

特に韓国のアイドル界は、日本以上に生き残るのが難しいとされます。そのような中、今でも輝き続ける彼らにはどのような魅力があるのでしょうか。

まさにビックバンという宇宙の誕生のような巨大な衝撃を感じます。

メンバーの誕生日の際には、昔の写真を再び彼らがアップしたりするなど、こちらとしても心が温かくなる演出をしてくださってきました。

まずメンバーの誕生日を祝います時、ジヨンとヨンベには真っ先に感謝したいです。

bigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日.jpg

ジヨンやtopたちメンバーの誕生日から彼らの生い立ちにまでさかのぼる方もおられるでしょう、もともとビックバンの構想が何もない時にも、

ジヨンとヨンベは幼いながらにずっと練習生として努力してきました。

先のわからない中で前に進むほど難しい事はありませんので、きっとここまでの幼少期のジヨンやtopたちメンバーの誕生日の時代から、不安との闘いだったはずです。

今でも一番の友達とヨンベが言うなど、特に信頼の厚い二人。

いくらメンバーの誕生日とひとまとめになっても、プライベートでは二人だけで遊ぶ事も多そうです。

結果的に新しい価値観を築いたので、人によっては別にそれはそれでいいではないかと深く考えない方もおられるでしょうが、

このように叩かれながらも成功するには、同じお店を二世が継ぐような場合とは全く違い、非常に心身共につらいものなのです。

そこをよくぞここまで一貫して来てくださった、という言葉にならない感動がメンバーの誕生日が来るたびにあるのです。

もうこれは、生命の神秘とか奇跡とか、そういった規模のお話だと思います。

ジヨンやtopたちメンバーの誕生日が来るたびに、人間は努力を重ねればこのように世界を築いていく事もできるのだと改めて考えさせられ、

ジヨンやtopたちメンバーの誕生日のたびに自分の中の細かな悩みなどふっとぶようです。

もちろん全てが彼らの努力によって回ってきたわけではないので、関わった全ての方、もちろんペンだっていなければ彼らは売れなかったわけですから全てに感謝なのですが、

その核になっている彼らには特に価値を感じるのです。

そしてタプ、彼はもともと肥満で、一度選考にも落ちそうになりながらも、命がけでダイエットして、ここでも例外なく上手くいくかもわからない芸能の世界によくぞ本気で挑んでくれました。
[スポンサーリンク]


それを言えばテソンもそうですね。彼は最も彼らの中では目立たない存在感の過去を過ごしたかもしれません。

もちろんジヨンやtopたちメンバーの誕生日が来るたびに、テソンがいなければ今はないという事が思い返されるわけですが、過去の彼を見れば明らかに将来アイドルになるようには感じません。

スンリに関しては、自分をアピールする意欲は充分だったでしょう、しかし、彼だけが後からチームにまざった事からもわかりますように、本当に必死だったと思います。

確かに出たがりといった印象もある彼ですが、この社交性こそが一番の持ち味で、現に日本での活動にも積極的に日本語を話してくれる彼がいなければ、

ここまでいい印象は与えられなかったと言っていいです。

ジヨンやtopたちメンバーの誕生日が来れば、このようにみんなが一つでビックバンとして、本当にいろいろと思いはせるものがございます。

人の人生は本当に謎めいていて、思った通りに進む事などまずありません。

それこそ定期的に来るジヨンやtopたちメンバーの誕生日のような部分以外は、何も落ち着けるタイミングはないほどです。しかし、前に進むからこそ道は開けるわけで。

何だかんだ言っても彼らは勝ち組で、本当に褒めたたえられるほどに頑張って前に進んだのです。

bigbangのジヨンtopたちメンバーの誕生日.jpg

まあそれを言えばジヨンやtopたちメンバーの誕生の時から想起される彼らだけではなく、全ての人がそうですが、

要するにそれをジヨンやtopたちメンバーの誕生日が来るたびに彼らから学ばせていただけるという事です。

むしろ自分のバースデーは意外と忘れてしまったり、大事にできない事もあるかもしれませんので、

大事になっているメンバーの誕生日を軸にして、ペンもみんな自分の事を大切にしていただきたいですね。

毎回topたちメンバーの誕生日のたびに華々しくお祝いしますが、それは真の意味でみんなでのお祝いにしましょう。

そして、生きる事に悩んだり、くじけそうになったりしたら、せっかくなのでtopたちメンバーの誕生の時から彼らの人生を思ってみてください。

topたちメンバーの誕生日が来るたびに思いますが、人生は誰でも一度きりで、もう過ぎた時間は絶対に戻らないでしょう。

でも、その止まらない時間があるからこそ次の希望に繋げられます。

歳を重ねるほど、このように祝うのが嫌になる方もおられるかもしれません。

しかし、歳を重ねるからこそ祝いましょう。ここまで生きてくるなんて自分はたいしたものだと思いましょう。何だか話が大きくなってしまいましたが、今回はこのあたりで。

さて、本日はbigbangのジヨンやtopたちメンバーの誕生日!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能