So-net無料ブログ作成

bigbangのtopラップ評価! [top]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はbigbangのtopラップ評価!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はbigbangのtopのラップに関して、評価の記事を書こうと思います。

評価と言っても偉そうに語るという事ではなく、評価がいいのは当然ですから、その秘密を探っていきたいです。

ではまずは純粋にbigbangのtopのラップは、世間的にはどのように評価されているのでしょうか。

基本的にtopのラップは評価が高いです。前にK-POPのラップを歌う方の中での順位を決めたような図が話題になった事もありましたね。

その中では数多くのラップ使いの中、五番手くらいにtopが選ばれていて、その評価の目立っている事がわかります。

この時のラップを歌うのが上手いランクの図は、公式のものというかあくまで素人の作ったもののようなのですが、正直だからこそ民意を綺麗に反映した、信頼できるものだったと思います。

それほどまでに多くの方が納得の評価をするtopのラップですが、では実際に聴いてみてどうでしょうか。

そもそも、ビックバンの楽曲はラップなしでは成立しえないものが多いです。

それもけっこう聴かせるラップが多く、これらを作曲もするtopやジヨンたちはやはりすごいですよね。

歌うだけでも難しいラップで高い評価を受けつつで、作詞作曲もできるという。

もはやスキなくラップを支配しているとしか言えません。

ちなみに名前がすでに出ておりますが、何といってもビックバンでラップと言えばジヨンの高い評価も忘れてはなりません。

bigbangのtopラップ評価.jpg

たまにtopとジヨンを比較して評価をしている所などもありますが、両者テイストが全く違いますので、純粋な比較での評価は不可能です。

ボーカリストとしては、そもそもビックバンのリーダーで目立ったプロデュース活動もたくさんしているジヨンが、ラップを歌う方にも多い高音の歌声ですし名前が一番に挙がる事が多いのは納得です。

ただ、topとジヨンを比較しての評価で上下がつくのは微妙ですね。

ラップを評価されているのを見れば、大概はジヨンの方がいいという評価だったりしますが、

ジヨンの高音ラップとtopの低温ラップの二つがあってのビックバンという事で、YGのヤン社長も二人を早期にメンバーに決定したはずですしね。

どちらのラップが欠けても評価は良くならないはずです。

実際に当人方も、topとジヨンはユニットとしてもラップメインでの活動をしておりますが、お互いに自分にないものを持っているのを理解しているので、認め合っておりました。

Topの低温のラップは、そもそも珍しいものです。

ビックバンの楽曲はラップが不可欠だと書きましたが、当初の頃からtopのラップの歌声は目立っておりました。

ジヨンの場合、あるいは他のメンバーであるヨンベたちの場合は、自然に歌が上手い、上手い系統の歌声、といった評価はあると思います。

しかしtopは単純に歌が上手い人の歌声ではないと思います。

上手いというのもありますが、彼の歌は彼だけのオンリーワンな力を感じるのです。

その秘密を解き明かすには、彼が役者としても大成功している側面を知るといいでしょう。

ビックバンのメンバーの中では最も役者としての方向で芽を出したtop、この高い評価はただ事ではありません。

ラップの時もそうでしたが、一度彼の出演している映画を観てみるとすぐにわかる、カリスマが彼にはあるのです。

もうこれは評価していい悪いの次元ではなく、存在自体の価値と言いますか、topに変わって彼のような事は誰にもできないという凄みを感じます。

映画の評価に関わり、彼自身も自らを語る際など、必ず自分がラップを歌う人間である事を役者にも絡めていきます。

そもそも歌とは、音楽自体の楽しさもありますが、歌詞がある以上、そこから言葉にしたメッセージ性が大事になりますよね。

bigbangのtopのラップ評価.jpg

そこでこのラップというもの、非常に音楽のカテゴリーの中でも歌詞で言いたい事を伝えるのに特化したジャンルです。

これが実はかなりtopの役者という仕事とも相まっていて、どちらも評価する時に共通して、どのように相手にメッセージを伝えるかがカギになっているのですね。

つまりtopはそこを追及するのが上手いのです。役者でも成功している要因としてまた、topには完璧とも言われる美しい外見もございます。

男性としての魅力の一つとして、声の低音も持っているので、その時点でもすでに、特に女性からすればこれ以上ない人材です。

その上で内面も良く、書きましたようにメッセージを伝える能力が非常に高いのです。

これはもう存在として高く評価する他ございません。

彼はある時のインタビューで面白い事を語っており、topという姿は自分の想像の存在で、役者の時はチェ・スンヒョンとしての投影が多いと言います。

ただでさえ表現力のある彼自身のいいと考える想像の姿こそがtop、だからこそ魅力たっぷりなラップも披露できるというものなのですね。

また、彼の評価がここまで高くなったのには、彼の深みのある人間性も外せません。

具体的に何に悩み、何を思っていたのか全てはわかりませんが、彼はとても物事を考えすぎるほどに考えているタイプの方です。
[スポンサーリンク]


上記の同じインタビューでは自ら、子供の頃は寂しい思いをしたとも語っており、しかもそれは周りの状況によって余儀なくされたのではなく、自ら入り込んだ道だったようです。

そもそもミュージシャンとしては、言いたい事、伝えたい事がたくさんあるからこそ、それが原動力になって活動していける、というのはあると思います。

Topも含め、みんな活動を広げるためには苦労を重ねるわけですが、それができるのも、普通の人にはないやりたい気持ちが強いためです。

彼も同じです。これだけ高い評価を受けながら音楽活動できるという事は、吐き出したい事、共感したい事、たくさんの感情がそこにあり、何とかしたいと考えているという事なのですね。

そして、それなのにあの不思議なキャラクターというのが、ミステリアスでいいのです。

これでtopの評価が、いかにもすごい音楽をやりそうだ、といったものであれば、今ほどの評価は無かったでしょう。

突如として不思議なパフォーマンスをしたりもする事でも有名な彼ですが、このようなとらえどころのない部分こそが評価のカギにもなっていると思います。

わかりやすく言えば、同じメンバーでラップで有名なジヨンで言えば、topのように変な不思議な所はなく、そのままでいつでも気品があって仕事のできる人物、といった部分はあるでしょう。

bigbangのtopラップの評価.png

しかしその点、彼はどのような事を考えているのか本当に謎な部分も多いです。

これでいて書いてきましたような実力が伴っている、このバランスがすごいのです。

かつては肥満体だった事もあり、デビューするための条件として一気にダイエットもした彼。

例えばもしここで諦めていたら今の彼は観られなかったわけですね。

他にも書きましたように昔からいろいろな苦悩もあったであろう彼、そのような彼と出会い、彼の音楽を味わえる事にまず感謝をしたいですね。

不思議でとらえどころのない人物という側面もありますが、やはり実力重視のメンバー選抜にも勝ち残っただけあり、非常に能力も優れております。

その上で思いがたくさんあるのがわかるので、我々は彼の虜に関われば関わるほどなっていきます。

メンバーの中でもみんなが認めている存在である彼、周りにいる関係者でも純粋に虜になっているくらいでしょうから。

これからもずっと音楽活動をしながら高みに登っていくであろう彼を、これから先もずっと応援していきましょう。

今度は一体どのような彼が飛び出すのか、常に楽しみですよね。

さて、本日はbigbangのtopラップ評価!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能