So-net無料ブログ作成

bigbangのジヨンやtopたちと韓流を愛する話

 bigbangのジヨンやtopたちと韓流を愛する話 
前の1件 | -

bigbangのtopの京都エピソード! [top]

こんにちは、bigbangなど韓流を応援するアリーです。

[スポンサーリンク]


本日はbigbangのtopの京都エピソード! について迫っていきたいと思います。

本題に入る前にbigbang人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

bigbangのメンバーが日本に来るエピソードとなればペンとしては嬉しくないわけがありません。

何度か日本に来ているというエピソードがございますが、今回はその中でbigbangのtopが京都に来た事を軸に、そんな来日エピソードをご紹介、考察していきます。

また新たにbigbangのtopらが日本に来るエピソードもあるでしょうから、新しい情報もキャッチしてみてくださいね。

(鴨川)
bigbangのtopの京都エピソード!.jpg

■bigbangのtopが京都に来たエピソード

bigbangのtopが京都に来たエピソードは確かな情報で、多くの所でその情報は流れて会いたかった、とか、そのゆかりの地へ行ってみたといったペンも続出しました。

ではまず、bigbangのtopが京都に来たエピソードの時期はいつだったのでしょうか。

■京都エピソードは「いつ」か

まずはタイミングとしては韓国で14年九月公開、日本で15年一月二十三日公開のbigbangのtop主演の映画「タチャ-神の手-」の撮影終了後の休暇で行ったものがございます。

知人の名和晃平に会いに行かれていたようで、例えば六月二十九日には京都の鴨川で食事をされているエピソードのお写真が上がっておりますので、その頃の事です。

何でもこの休暇、約一か月にも渡る長期休暇で、京都の他にもシンガポールとイタリアにも旅行したとか。

bigbangのtopがここまで長期の休暇を取ったのはデビューして以来初めてのエピソードだったそうで、確かに・・そんな時間なかなか取れませんからね。

細かく休む事はできても、こうやって海外に何か所も出かけるほどの長期休暇を、bigbangのtopほどの忙しさの方が取るのは難しい事だったと思います。
[スポンサーリンク]


そんな大切なお時間を日本の京都に来る事にわざわざ取っていただいた事、そのエピソードに素直に嬉しいですね。

そして16年の七月頃にも同じく、京都に名和晃平に会われに来ていたとか?インスタからの情報ですね。

八月一日の夜に韓国に戻ったとの情報がありますので、こちらの方がお忍び感があってはっきりした事が不明な部分も多いですが、どうやら来られていたエピソードは確かなようですね。

■京都エピソードは「どこ」か

bigbangのtopが京都エピソードでどこに行ったのかは、別にこれはbigbangのtopのプライベートな旅行エピソードですので、お仕事などでスケジュールが明らかになっているわけでもなく、bigbangのtopが個人的にインスタで公開したお写真や情報をもとにペンの方で解釈した情報ですので、完璧なエピソードのスケジュールは不明です。

ただし、例えば行った事がわかっている場所をいくつか並べていきますと、まずは最初の長期休暇の時。

(高桐院)
bigbangのtop京都エピソード!.jpg

・HOTEL ANTEROOM
京都駅徒歩十五分ほど。ここにbigbangのtopも公開していた名和晃平の作品もある。

・大徳寺
その中の高桐院にて、bigbangのtopが佇んだポイントあり。

・リッツカールトンホテル
名和晃平の作品がある。行ったかどうかは不明。

・鴨川
先ほど書きましたbigbangのtopが食事した所、そしてbigbangのtopが散歩した仏光寺公園や団栗橋などがある。

などがございますね。

続いて、次の時。

・京都府伏見区宇治川沿い
名和晃平の主宰する「SANDWICH」を訪ねて。

その他情報などをまとめられている所もありますし、bigbangのtop自身のインスタからまだ情報が得られるかもしれませんので、これらの情報をきっかけに後はご自身で自由にお調べになってみてください。

■なぜ京都なのか

もちろん京都に名和晃平がいるからというのがありますが、それも含めて、京都を選択するのが何ともbigbangのtopらしいと思ってしまいます。

bigbangのtopの今までのエピソードなどをよくご存じの方からしますとわかると思いますが、芸術家肌な所がございまして。

するとそんな芸術肌なbigbangのtopがわざわざ日本に来るとしますと、和風芸術の都京都という事になるのは納得できます。
[スポンサーリンク]


先の長期休暇において京都と並んでイタリアに行かれたりしている所などを見ましても、必ずこの芸術家な趣味は出ているように思います。

今までのエピソードを見ましても、趣味でアーティズムな家具を集めたりなど、不思議なセンスながら必ず芸術がお好きなbigbangのtop。

そんなbigbangのtopにも京都は高く評価されているのかもしれません。

■最後に

さて、ここまで彼の京都旅行について見てきました。

少しお話を広げますと、ビックバンで言えばスンリに代表されるように思いますが、日本に来る事はお好きなように感じます。

タプの他ですとジヨンもすぐに帰らずに東京で遊んで行ったりされていたようです。

そこでよく議論されますが、彼らが親日かどうかなどの話題。

まあ逆に我々に置き換えてみますと、プライベートでの関わりとお仕事での関わりは別ですが、韓国にわざわざ行くのに韓国が嫌いという事はないでしょう。

まあ昨今も慰安婦問題なども継続していて、何かと日本としては韓国とすんなり行かない部分がありますが、韓流のペンからしますとそれはそれ、という解釈なのも事実。

(団栗橋)
bigbangのtopの京都エピソード.jpg

まあその点も彼らも同じなのかも?

韓国の方ですと余計に日本を好きではならないといった風潮はあるかもしれませんから、彼らも本当は好きでも知らないふりをしなければならない部分もあるかもしれませんよね。

何にしても、彼らならまた来たければ来ていただければ、歓迎です。

さて、本日はbigbangのtopの京都エピソード! について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後にbigbang人気ブログランキングも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能
前の1件 | -